調剤薬局監修・肥満予防に関する解説するサイト

肥満の診断方法@BMI測定

BMIという言葉を聞いたことがあるでしょう。正しくはBodyMassIndexと言い、日本語になおすと肥満指数という言葉の略です。身長と体重から計算される数値で、肥満度を4つの段階で分けています。自分が太っているのか普通なのか、はたまた痩せているのかを確認することができます。計算方法としては、身長(m)2÷体重で簡単にBMIの数値を確認することができます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

数値が18.5未満では『痩せすぎ』、18.5以上25未満では『普通体重』、25以上30未満だと『肥満度1』、30以上35未満は『肥満度2』、35以上40未満は『肥満度3』、40以上だと『肥満度4』です。日本肥満学会が出している判定基準では、一番病気にかかりにくいBMIの指数は22です。BMI22を標準として、BMI25以上は肥満ということになります。BMIの数値が25を超えると、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病にかかりやすくなります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

その発症率は2倍にもなってしまいます。どのくらいの体重が自分の身長と合っているかが分からないという人もいるでしょう。自分の身長の標準体重を知りたいなら、身長(m)2×22で求めることができます。若い女性はモデル体型を目指している人が多いですね。BMIで出す標準体重からみると、その女性たちの体重はとても低いようです。太りすぎもいけませんが、痩せすぎも少しだけ注意が必要かもしれません。

 

薬剤師 求人