調剤薬局監修・肥満予防に関する解説するサイト

肥満と睡眠時無呼吸症候群の関係

睡眠時無呼吸症候群は寝ているときに10秒以上呼吸が止まっている状態が5回以上繰り返される病気です。症状としては寝ても疲れが取れていない、いびきがひどい、睡眠時間をしっかり取っているのに昼間に眠くてたまらないといったことがあります。また起きた時に頭痛があるということも。睡眠時無呼吸症候群はSASとも呼ばれ、生活習慣病と関わりがあると言われています。呼吸が止まっている状態が何度もあることも恐いですが、もっと怖いのはSASには特有の強い眠気が襲うことです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

車の運転などをしていても急に眠くなったり、いつの間にか寝ていたということも実際にあります。ある報告では、飲酒状態とSAS患者遠出は、ハンドル操作を誤りやすいのはSAS患者のほうだと言います。他には外国の原子力発電所の事故やスペースシャトルチャレンジャーの事故はSASが関係しているのだとか。SASの原因は空気の通り道がふさがってしまうこと。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

首周りの脂肪や舌の大きさ、鼻が曲がっているなど様々な理由がありますが、顎が小さくても気道がふさがれやすくなります。そのため、太っていなくてもSASになる可能性はあるのです。SASは治療をすることで改善されていく病気です。もし周りの人から無呼吸を指摘されたりその疑いがある場合は、迷わず専門医療機関へ行きましょう。

 

薬剤師 就職